紹介派遣は正社員になれる?なりやすい人や向いてる人、メリット・デメリットなど

仕事/就活
とあさん
とあさん

こんにちは!とあさんです

紹介派遣とは派遣から入り、もし派遣先の会社とお互いマッチングすればそのまま直接雇用となり、正社員になれるという嬉しい仕組みです。面接が苦手な方でも、派遣会社の方がサポートに回ってくれるので比較的就職しやすいです。しかし紹介派遣で長い間勤めているのに正社員になれなかったり、ちょっとしたトラブルが出ると、正社員への道が閉ざされたりなどデメリットもあります。ここでは正社員になりやすいタイプと、メリット・デメリットを実体験を踏まえてそれぞれ紹介します。

1.紹介派遣で正社員になりやすい人

  • 年齢が若い

会社が正社員に欲しがるのは若い人です。実際正社員になった時伸びしろがあることと、長い間働いてくれるという会社側が求めているメリットがあります。

  • 仕事ができる人

会社で実際に働いてみて、仕事ができる人には信用が生まれます。『正社員になっても一緒に働いてくれると助かる』と思われたら、正社員になれるチャンスです。

  • 仕事内容が自分にあっている人

仕事内容が自分にある程度あっている人の方が正社員になれる確率が高いです。例えばデザイン関係の知識があった場合はDTP関連の仕事が来ても何も知らない人よりは知識があり、スムーズに仕事ができます。紹介派遣で正社員を目指すなら、適性のある業界に的を絞った方が良いでしょう。

2.紹介派遣に向いている人

  • 面接が苦手、面接でアピールができない

就職する際、避けては通れないのが面接です。仕事ができて真面目な方でも面接で落とされる場合があります。その点紹介派遣は実際に働いて、仕事ぶりを評価してもらえるチャンスがあります。面接は不器用でも、働き始めれば関係ないので紹介派遣を通して正社員を目指す方法はそのようなタイプの方に向いていると思います。また面接時にも、派遣の営業の方がサポートに回ってくれるため、比較的簡単に面接を済ますことができます。

3.紹介派遣のメリット

  • 自分にあった会社を正社員になる前に選べる

実際に働いて、自分の希望条件にあっているかを正社員になる前に確かめることができます。これはとても大きなメリットで、お試しができることによって、お互いのミスマッチを防ぐことができます。また、そこで働いている社員の方から情報収集をすることができます。

  • 派遣会社が仲介してくれる

トラブルや実際に勤めてみてミスマッチを感じ、紹介派遣を断りたい場合などは、面と向かって言いづらいと思います。しかし、紹介派遣の場合営業に相談したり、指摘してもらうことも可能です。

4.紹介派遣のデメリット

  • 正社員に必ずなれるというわけではない

長く勤めていても、仕事ができても、若くても、必ず正社員になれるという保証はありません。それは会社側の都合でもあるので一概には言えないのですが、もしなれなかったとしてもそういう雇用形態ということなので、納得するか別のところを探すか判断しなければなりません。

  • 正社員になって欲しいと言われた時断りづらい

会社側が正社員で雇いたいと言ってくれた場合、断りづらいです。普通に短期間で派遣として働くのとは違い、正社員で雇う可能性のある紹介派遣では周りもゆくゆくは正社員になるんだろうなという雰囲気を醸し出します。知らぬ間にその期待が膨れ上がり、断った時、反感を買ってしまうことがあります。こちら側は何も悪いことはしてないのですが辞める前にそれで噂されることも覚悟しておかなければなりません。

  • トラブルが起きた時正社員の話がなくなりやすい

正社員になる前に何かトラブルが起こると、正社員への道が閉ざされてしまうことがあるので、言動や行動を常に気をつけなければなりません。

5.まとめ

紹介派遣で正社員を目指すことは、メリットもありデメリットもあります。これから紹介派遣を考えてる人は是非参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました